予備校合格カフェ、早大本庄コース

学院生注目!
(があくいんせいちゅうもお~く!)

予備校合格カフェは、早苗寮から徒歩3分の学習支援スポットです。

現世を忘れぬ、久遠の理想。

現状をしっかりと踏まえて、現実を真正面から認識し、史上最高の自分につなげるオールラウンドなお手伝いが特徴です。

学院OBが主宰だから手が届きすぎるギフト

学院OBが主宰の学習塾(9期生、理工機械)が母体なので、学院ならではの癖のありすぎる独特の風習や価値観に完全対応していることが最大の強みです。

だって価値観の共有って相性の最初のステップでしょう?

社会に出たら明確にわかります。あの高校、やっぱり変だったと。
そして実感します。あの高校、最高の環境だったんだと。

そこを理屈ではなく肌感覚で知っているということは、学院生のみなさんにとっては朗報でしかない(ごまかしが効かないという意味では試練かもしれない)はず。

「サファリパークに放り込まれたような感覚であろう学院生活」というとニッコリ懐かしそうにうなずくのは初期あるあるで、おおよそ20期生前後までなのでしょうかね。今は山から下りましたし、共学ですし、野趣あふれる野放し感というよりは近代化された農場的な風情が漂っているように感じます(どちらもすごく失礼)。

いずれにしても、受験産業とは無縁の学問的な懐の深さは秀逸です。そういうフリースタイルかつ本質的なアプローチは、この予備校合格カフェにも引き継がれていると思います。いい意味で、なんでもあり。

そういう前提までひっくるめて、学院生の皆さんの『いま』を全力でサポートします。

卒論の執筆相談までOK!?

そりゃあOKですとも、オトナですから。(ちょっと違う)

学院の大きな特徴、そして学部選択の重要なキーである卒業論文。
実に1年以上の時間を費やしてしたためる卒業論文への取り組みを、着想から提出まで全面的にバックアップします。

卒論はオトナレベルが求められます

学院の卒論は、セミナーに通い詰めた大卒新入社員が書き殴りそうなよくある受験用の小論文のたぐいではなく、“それなりに本物”の論文が求められています

よく考えてください、学院の教員はその道のプロが裸足で逃げ出すレベルであることが少なくない、一家言も百家言もありそうな研究者がゴロゴロ。普段はエコモードで素養を隠しているだけです。
そういう百戦錬磨のプロに評価されてしまう論文であると、まず認識することが肝要です。

それ、私は卒業してから(だいぶ経過して)気づきました。

対して、隣の席の杉原くん(おすぎ)。
「あれ、スゴかったんだなおほほーい!」と、今でも衝撃です。近かったからよーく覚えています。

  • テレホンカードの偽造は可能であるか、可能であればそれは実際どうなのよ

サクッと可能にしちゃってます。ご自分で“カード製造の”機器まで作って、証明していました(論文の提出なので機器の提出は拒否されたそうですが、担当教員の前で書き換えを実演してみせて苦笑いされたとか)。(もちろんA+)私?私は……

  • 本庄まつりにみる地域祭礼の起源

というような勢いの、三流ドキュメンタリーのような自由研究ふぜい。(でもなんとかB+)

そんなもんでB+がつくということは(甘めで有名な先生だというこも踏まえても)、そういう自由研究レベルの“卒論”が多いということの裏返しなのだと思います次第

結果、2人ともレベルの違いはあれど念願の希望学部学科へ進むことができました。
私はB+の評価でしたが、それでも、後日の調査では卒論の評価のおかげでひとり抜かして滑り込みだったとか、なんとか(私より成績上位のクラスメートが1名、その学科におらず第3希望に回っていたオチ)。

卒論支援の内容

おすぎだけに余談がすぎましたが、予備校合格カフェの卒業論文作成支援は、おおむね以下のとおりです。
ザッツオールインワン、ゆりかごから墓場まで。

  • テーマ選定支援(卒論としての見込み評価等)
  • 基礎調査支援(資料の取捨選択や追加提示等)
  • オンライン添削(Googleドキュメントを使用して)

ただし、表現としての加筆修正は最小限にとどめます。もちろんです。それでは代筆つまり不正にニア。
それでも、問題があると感じる表現や構成については、理由も含めた提案はしつこいくらいに行っています。
だから、そのディスカッションから生まれるあなたのアイディアは、もちろんあなたのもの。

じゃあヘルプはいっこうに問題ないものです。
評価担当教員には、きちんとあなたの表現として受け入れていただけることでしょう。


(草稿なう(*´∀`*)>サーセン)

成績管理“大作戦”

「赤イチ63」に軽く震えますか?

成績上位でも留年するしくみ

学年最下位レベルなのに留年しないしくみ

現状把握+発現可能性=不安の期待値

じゃあ問題解決オペレーションの訓練です

成功体験のガチ勢が損をしていることとは

通常授業対応

常連化で消化不良を即行解消

定期テストを見据えた理解度マネジメント

定期テスト対策

他の高校と違うこと・同じこと

ピークコントロールの重要性

教科別対応方針 ワセダVer.

部活動やクラブとの両立

ラスト1時間の使い方サポート

延長戦としてのオンラインセッション

Twitter @gokakucafe

0495-71-4148
(しみじゅく)

メールでのお問い合わせ